読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3Tohei's Lonely Hearts Hatena BLOG

超中学生級の能力を誇るサラリーマン研究者の脳からだだ漏れしてきた呻き声を記録したログデータです

3tohei's Lonely Hearts Web Site 別館

政策:60歳以上の徴兵令と戦争の年齢制限設定

タイトルの通り。「徴兵令引いて若者を自衛隊に入れよう」とか言う爺さんたちを見ていて思いついた政策。

 

昔は人口ピラミッドとか言っていたけれど、現代では人間は死なない。

ピラミッド形状の人口モデルが成立している組織は、不要な人員をリストラして人間を外に排出している。つまるところ、「天下り先」の受け口が用意されていないと、そんな仕組みは成立しない。最近では定年退職後の再就職ってのを広めて、60歳以上の方々の雇用延長を続けているようですが、それも過大化すると組織を硬直化するばかりでしょう。

そんなら、定年後の方々に国防を担っていただくのが良いのではないか。

何が良いって社会保障費と国防費を兼用できる。定年後に蓄えを無くして年金も入らず、ホームレスになるなどという悲劇を避けることが出来る。根拠無く高くなってしまったプライドを、一旦リセットするのにも丁度良いかと思う。

 

いっそのこと、戦争にも年齢制限を付けるのが良いのではないか。

ほら、サッカーにはU20とか同年齢で行う試合があるじゃないですか。戦争も国際協定を引いて、60歳以上限定の戦争とかすると、国力低下を避けることが出来るかもしんない。60歳以上の戦争が激化すると、満を持して50代が出て行くことになるのだろう。

 

今だったら、1000年前に比べれば戦争に体力は必要なくなっている。50年前に比べてもそうだろう。10年後はますますそうだろう。


そして米軍は無敵となる。弾丸をもはじく超人になれるアーマー「タロス」が完成間近 : カラパイア

60歳超えたら子孫の平和を守るためパワードスーツを着て国防に。生き甲斐もプライドも手に入る。案外、いいんじゃないですかねえ。